外来感染対策向上加算について

  1. 感染管理者である副院長が中心となり、標準的感染予防策に従い,職員全員で院内感染対策を推進します。
  2. 院内感染対策の基本的考え方や関連知識の習得を目的に、年2回程度研修会を実施します。
  3. 感染性の高い疾患(インフルエンザや新型コロナウイルス感染症など)が疑われる場合は、一般診療の方と導線を分けた診療スペースを確保して対応します。
  4. 抗菌薬については徳島県医師会からの「抗微生物薬適正使用の手引き」に則り、適正に使用します。
  5. 感染対策に関して基幹病院と連携体制を構築し、定期的に必要な情報提供やアドバイスを受け、院内感染対策の向上に努めます。
  6. 新興感染症感染症の発生時等に、発熱患者の診療を行うことを念頭に、発熱患者の導線を分けた診療スペースを確保し対応しています。

前の記事

一般名処方加算について